音声障害とは



音声障害ときくととても難しい障害のようにきこえますが
実は身近な障害であることをご存じでしょうか。


音声障害というのは声が性別や年齢に合わなくなってしまったり、
かすれてしまった状態のことをいいます。


風邪で声が出なくなったり、
カラオケなどで騒ぎすぎて声がかすれてしまったりした経験は
誰でもあるかと思いますが、それも一種の音声障害です。


男性の声変わりもそうですし、
ほこりっぽい所にいることで声がかずれてしまうのもそうです。


これらの風邪や騒ぎすぎ、声変わりなどが原因の音声障害は
時間がたてば自然に治っていくものなので心配ありません。


しかし中には喉頭がんなどの悪性腫瘍が原因の場合や、
生まれつきの難聴で自分の声がうまく聞こえず
声の調節がうまくいかない場合など
他の大きな理由が隠されていることがあります。


声がかすれるなど音声障害の症状が出た時は
まず無理な大声を出したりしなかったか思い出してみましょう。
そして喉を十分に休ませてください。


それでも治らない場合や原因が見当たらない時は
耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。


また心理的要因で音声障害が起こる場合もあります。


風邪でもひいたのかな?と軽く考えがちな声のかすれですが
その経過には注意が必要なこともあります。

このページ の先頭へ