言語発達遅滞とは



言語発達遅滞とは、どのような症状なのでしょうか。


様々な障害が世の中にはありますが、
言語発達遅滞はどのような症状になるのでしょう。


言語発達遅滞は、端的に言えば言語コミュニケーションの能力が
年齢に期待されるレベルに達していない状態の事を指します。


つまり、10歳にもなったにもかかわらず
その言語レベルは未だ5歳児並みと言う具合に
中々言語レベルが発達しない状態の症状をいうのです。


その原因は様々なもので、先天的な原因もあれば生まれ育った環境によって
後天的に後れを取ってしまったという原因もあります。


言語発達遅滞にも種類があるみたいで、
単純言語発達遅滞、運動型や間隔型など様々なタイプの
言語発達遅滞も見受けられるようです。


このように、言語発達遅滞とは身体の成長に比べて
言語の発達が中々進まない症状の事を指します。


原因は明確ではなく、色々な原因が考えられています。


ここでは、先天的な言語発達遅滞、そして後天的な言語発達遅滞が考えられています。


しばらく、言語がしっかりと成長して治る例もあるそうですが、
重大な学習障害を引き起こすこともあるそうです。

このページ の先頭へ